ヘッダー画像

男女、年齢問わず定番のモンブランがベター

一般人も知っている高級ボールペンとして有名なブランドの一つにモンブランがあります。 この定番のボールペンは現在はスイスの企業から、これらは販売されていますが、こういった価値のあるボールペンとして長い歴史を持っていることで有名です。 もともとこのブランドのボールペンの製造が開始されたのは20世紀の初頭までさかのぼります。 3人のドイツ人によって作られた会社から製品の販売が始まりました。 遡るとこの創業者の3人のうち二人はハンブルグに住んでいる人ですが、そして、その一人は文房具屋を経営していて、もう一人は銀行家でした。 そしてもう一人はベルリンの人で有能なエンジニアで、この三人でそれぞれ製造と販売の役割を分担して、次第にその名を知られるようになります。 昔からの定番のモンブランの高価なボールペンの代表的な商品の一つである製品がありますが、初めて製造されたのは1924年のことです。 この製品は現在でも高級ボールペンとして世界中の人に愛用されています。 実際には、この一つのボールペンには有名なロゴがお洒落にデザインされています。 それがモンブランをイメージさせるデザインです。

おすすめの高級ボールペンはこれ

人と被ってもモンブランなら気にならない

モンブランはフランスとイタリアの国境付近にあるアルプス山脈の中でも一番標高の高い山として知られています。 モンとはフランス語で「山」という意味であり、ブランとは「白い」という意味があるので、モンブランとは「白い山」のことです。 この山の頂上に積もっている白い雪をイメージした白い星の形のマークが、このメーカーの製品になぞってデザインされています。 また製品の中には特に、この山の標高が4810メートルであることにちなんで、4810という数字の刻印がデザインされているものもあります。 この会社はまた通常の筆記具の他にも宝石などの貴金属をあしらえたデザインのものも販売していることでもかなり有名です。 それ以外にも細かい装飾がつけられたタイプのものもあります。 いずれも通常のタイプの筆記具よりも高い値段な商品として販売されています。 また高級タイプのモンブランの筆記具には、このようにペン先に18Kの金が使用されていることでも知られています。 そしてこのブランドから販売されている高級筆記具の中でも特に高価なものには、この会社の象徴でもある白い星に、パールが使用されているものもあります。 またそうした効果なものの他にもこの製品の中には現代性を強く意識したデザインのものも販売されています。 誰もが知るの製品の象徴である白い星印がキャップにデザインされているのが大きな特徴になっています。 さらにこの定番の製品の中には装飾にこだわりを持ったものなどもモンブランで販売されています。

さりげなくモンブランを生活に取り入れる

筆記具である他に装飾品としても使用できるようになっているのが、そうした製品の特長です。 持ち運びがしやすいコンパクトなデザインも特徴の一つです。 こうしたデザインを付けた高級ボールペンはヨーロッパでも広く知られるようになったため、1934年には会社の社名自体もモンブランという名前を入れたものに変更されます。 その後この会社は1980年代にイギリスの世界的ファッションブランドに買収されて、その傘下の会社となりました。 その後にさらにその会社自体がスイスの企業に買収されて、現在に到っています。 このブランドでは高級筆記具の製造販売の他に、近年では若い芸術家を支援することにも力を注いでいます。 そのために設立したのがモンブラン文化財団です。 この財団は1992年に設立されましたがそれ以後、毎年世界中の芸術家を支援している人たちを表彰していますが、それがモンブラン国際文化賞です。 この賞を受賞した人は賞金の他に、この賞のために特別に作られた値段の高い万年筆が贈られています。 これまでにも数多くの国の人たちがこの賞を受賞していますが、その中には日本人の名前も少なからずいます。